飲酒運転・酒気帯び運転の罰則・違反点数

2007年9月19日の道路交通法改正によって、飲酒運転の厳罰化されました。具体的には酒気帯び運転の罰則が、「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」から「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」に、酒酔い運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」から「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に引き上げられました。
飲酒・酒気帯びによる死亡事故は13年連続で減少しています。しかしゼロというわけではありません。
insyu

飲酒運転の区分

  • 酒酔い運転(体内アルコール量に関係なく運転手の状態で判定)
  • 酒気帯び運転(血液1mlにつき0.5mg以上又は呼気1lにつき0.25mg以上)(数値について道路交通法施行令別表第二備考二の2)
  • 酒気帯び運転(血液1mlにつき0.3mg以上又は呼気1lにつき0.15mg以上0.25mg未満)(数値について道路交通法施行令第44条の三)

アルコール濃度の検知は、ドライバーが風船を膨らまし、その中に集めた呼気を計測する方法が主に用いられています。
「酒酔い運転」とは、検知されたアルコール濃度には関係なく、ろれつが回らない、まっすぐ歩けない、など、ドライバーの言動などから明らかに「酒に酔った状態」と判断された場合をいいます。

酒酔い運転・酒気帯び運転の罰則

条件 運転者に対する罰則
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数35点:即座に免許取り消し(欠格期間3年)
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
<呼気中アルコール濃度1リットルあたり0.25ミリグラム以上>
違反点数25点:即座に免許取り消し(欠格期間2年)
<呼気中アルコール濃度1リットルあたり0.25ミリグラム未満>
違反点数13点:免許停止(停止期間90日)
飲酒検知拒否 3か月以下の懲役又は50万円以下の罰金
ひき逃げ(救護義務違反) 10年以下の懲役又は100万円以下の罰金
※飲酒ひき逃げの場合最高で懲役15年になることもあります。
条件 運転者以外に対する罰則(酒酔い運転幇助)
車両の提供(運転者と同じ刑罰) 運転者が酒酔い運転/5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒類の提供・車両に同乗 運転者が酒酔い運転/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転/2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

飲酒運転による道交法違反は、運転者はもちろんのこと、車を貸した人やお酒を飲ませた人、同乗者も厳罰が科せられます。
罰則は運転者と差が無いくらい厳しくなっています。

酒気帯び運転・酒酔い運転時の事故は自動車保険が支払われるのか

自動車保険では、ドライバーが「酒気帯び運転」や「酒酔い運転」をしていた場合、搭乗者傷害保険、自損事故保険、人身傷害保険、車両保険の全てで保険金が支払われません。 お酒を飲んで運転することは絶対にしてはいけないことです!

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!