重複する可能性がある特約や補償

複数の自動車を所有しているケース

補償を手厚くしようと、色々な特約をつけておくのは良いことです。しかし、1人で複数の自動車、あるいは一家で複数の自動車を所有している場合、過度な特約のつけすぎは補償の重複につながり、結果保険料の無駄払いを招くことになります。複数の自動車を所有している方は、以下の補償内容に注意をして下さい。

人身傷害保険

自分や搭乗者の死亡や後遺障害、ケガを補償するのが、人身傷害保険です。人身傷害保険の支払い対象となる事故は、契約の車での事故に限ったことではありません。他人の自動車に乗っている時の事故でも、歩行中の事故でも、自転車に乗っている時の事故でも、保険金の支払い対象となるのです。

しかし、複数の人身傷害保険が契約されている場合、車外での補償が重複することになるのです。よって1台を通常の人身傷害保険とし、2台目以降を搭乗中のみ補償とすることで、重複を解消することができます。2台目については、車外補償がない分保険料も安くなります。

代車特約

事故で自動車を修理する間に、代車を手配してもらえる特約です。しかし、一家に2台自動車があったり、自動車には滅多に乗らないので自動車がなくても不便を感じないという人は、わざわざつける必要のない特約です。

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、事故で相手方に損害賠償請求を行う時にかかる弁護士費用や法律相談費用を保険金として支払ってくれるものです。
この補償の対象となるのは、記名被保険者、その家族、さらには契約の自動車に搭乗している人も含まれるので、広範囲に補償してくれます。
これを複数つけておくと、家族の補償が重複してしまいます。弁護士費用特約は一家に1つあれば十分と言えます。

ただ、複数つけておくのが悪いということはありません。家族の補償が重複しますが、搭乗している人も補償に含めたいのであれば、それぞれの契約に弁護士費用特約をつけるしかありません。必要に応じて取捨選択して下さい。

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約は、バイク乗車中に記名被保険者やその家族がケガをした場合、または賠償責任を負った場合に保険金を支払うものです。1つ特約をつけておけば、その家族まで補償されるわけですから、車の数だけファミリーバイク特約をつける必要はありません。2台目以降の契約ではファミリーバイク特約の加入はせず、保険料を節約しましょう。

自動車保険以外の保険との重複

個人賠償責任補償特約は、日常生活で第三者に賠償責任を負った場合に保険金が支払われる、自動車保険でも火災保険でもつけることができる特約です。特に、小さな子供のいる世帯には人気の特約です。

保険の種類が違うと重複を見逃してしまいがちですが、この特約は1世帯に1つ加入していれば十分ですから、既に特約をつけているものがあれば新たに契約する必要はありません。各家庭で保険金額や保険料を見比べた上で、自分にあったものを残しましょう。これらの条件に注意すれば、補償の重複を避けることが可能です。

しかし、車が配車になった等の理由で特約をつけておいた方の解約をした場合、勿論補償もなくなります。今度は残された契約に特約をつけなければいけませんので、車の台数に変更があった時は手続きを忘れないよう注意したいですね。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!