車両保険は絶対に必要か?

車両保険とは

自分自身の所有している車が、事故により修理が必要になった場合に役立つのが車両保険です。車が壊れる事故というのは、車同士の衝突だけに限りません。ガードレールと衝突した、車庫入れに失敗した、当て逃げされた、いたずら、しまいには盗難など色々な事故が想定されます。

保険金が支払えない免責も存在しますが、車両保険をつけておくだけで補償の幅が広がります。そして補償の幅が広がるということは、当然保険料も上がります。
保険料の内訳において車両保険の占める割合は非常に高く、どのように車両保険を選ぶかが保険料の高い・安いを決めるポイントとなります。
syaryouhoken

車両保険の種類

最も補償範囲が広いのが、一般条件です。一般条件は車同士の衝突は勿論、当て逃げ、単独事故、盗難等あらゆるリスクに対応しています。その次に補償範囲が広いのが、車対車です(エコノミー型と呼ぶ保険会社もあります)。

一般条件から単独事故と当て逃げの補償を抜いたものになります。補償範囲が狭いので、一般条件よりは保険料が安くなります。保険会社によっては、交通事故以外の災害による損害を補償する限定Aという条件も販売しています。

ただしこれは販売しているけれどもパンフレットに掲載されていなかったり、既に売り止めになっていたりするマイナーな条件ですので、簡単に加入できるとは思わない方が良いでしょう。基本的に「一般条件」と「車対車」の2種類はどの保険会社も販売しています。

車両保険をつけないリスク

車両保険をつけないまま事故に遭ったら、当然修理費は自腹になります。
相手のある事故の場合は対物賠償で補償してもらえますが、過失割合の分までしか補償されませんので、どうしても差額が発生してしまいます。

万が一の時、車を修理できるだけの貯金がある人は車両保険に頼らなくても良いでしょうが、それほどお金に余裕がないという方はやはり車両保険があった方が良いです。

また、車両保険がなければつけられない特約があります。
例えば、地震や津波等の災害で車が壊れた、流されたという人のために、車の買い替え費用を支払う「地震噴火津波特約」。(保険会社によって少しずつ名称が違います。

損保ジャパン日本興亜では、地震・噴火・津波車両全損時一時金特約という名前です)これは東日本大震災以降販売が始まった比較的新しい特約なのですが、この補償を受けるには車両保険の一般条件がついていることが前提になっています。
三井住友海上のパンフレットでは、このように車両保険の有無によって利用可否が異なる特約を分かりやすく解説しているので、参考になります。

車両保険の免責とは?

車両保険を契約する時、免責金額を設定して下さいと言われます。
この免責金額とは、保険会社は支払いを免れる金額、すなわち契約者が負担しなければならない金額のことです。

単純計算すると、100万円の修理費で免責金額が5万円だったら、95万円が保険金となります。この免責金額は、保険会社によって色々なパターンが存在します。「0-10万円」「5-10万円」「10ー10万円」、全く自己負担をしない「0万円」というものもあります。

もし免責が「0-10万円」であれば、1回目の事故は自己負担なし、2回目以降の事故は10万円となります。免責金額が低いと保険料は高くなりますし、免責金額が高いと保険料は安くなります。

高額な車両保険をつけるにあたり、免責金額を調整することでその負担を緩和させることができます。

まとめ

では、車両保険はいるのか、いらないかという点について総括をします。
新車を購入したばかりの人、ローンを支払い中の人は車両保険をつけておくべきです。

しかし、いつ壊れてもおかしくないようなオンボロの車に乗っている人、車が壊れたら貯金で買い換えようと思っている人、修理費は自腹でまかなえる人は、車両保険はいらないでしょう。

一方で、あえて車両保険に加入せず、車両保険に加入していた場合の差額を積み立てておくという考え方もあります。
また、新車でも自宅の車庫からほとんど出さず、眺めているだけ、手入れしているだけという人は、事故のリスクなんてないでしょうから車両保険はいりません。

結論としては、「車両保険の必要性は個人の事情によって異なる」です。皆が加入しているから車両保険をつける、のではなく、自分にとって必要だからつける、という考え方が好ましいです。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!