補償の重複はもったいない!無駄になるケースも!

どんな補償の場合に重複が起こるの?

損害保険には、自動車保険、火災保険、傷害保険等の商品があります。
それらにはさまざまな補償(特約)をセットすることができます。
ですので、同一または類似の補償(特約)を複数の保険契約においてセットしてしまうことで、重複が発生してしまうケースがあります。
新たに加入しようとしている保険に、重複する可能性がある補償(特約)がセットされている場合には、重複になってしまうのでもったいないです。

重複していると保険金の支払いはどうなるの?

補償が重複した状態で、事故が発生した場合には、どちらの保険契約においても補償対象にはなりますが、いずれか一方の保険契約からは保険金の一部または全部が支払われないケースがあります。
これは、払い込みいただく保険料が、無駄になってしまうケースがあるということを意味しています。
十分注意してください。

複数の車がある場合

複数の車がある場合で、それぞれの車の契約に弁護士費用等補償特約をセットするときには、補償の重複が生じることがありますので契約内容をよく確認してください。
この特約は、家庭で1台の自動車の契約にセットすれば、「本人とご家族」がまとめて補償されます。

ロードサービス

ロードサービスは乗車中に自動車が故障してしまった場合の応急処置や、 レッカー車で修理工場まで運んでもらえるサービスです。
最近は自動車保険にこのロードサービスがついているのが一般的です。

輸入車などなら、最初からロードサービスがついている車もあります。
また自動車メーカーのクレジットカードをお持ちであればロードサービスがついている場合があります。

JAFの会員であれば、運転している、していない、にかかわらず同乗していればロードサービスの対象になりますので、不要です。

ロードサービスのオプションを外すことで保険料が下がるのであれば外してもいいと思います。
※自動付帯で外れない場合もあります。

自動車保険

重複する可能性がある主な補償(特約)

契約する補償 補償の重複が生じる他の保険契約の例
個人賠償責任補償特約 傷害保険の個人賠償責任補償条項(特約)
人身障害条項 2台目以降の自動車保険の人身障害条項
弁護士費用補償特約 2台目以降の自動車保険の弁護士費用特約
ファミリーバイク特約 2台目以降のファミリーバイク特約
支払い用カード・個人情報不正使用被害等補償特約 火災保険の支払い用カード・個人情報不正使用被害等補償特約

【ご注意】他車運転危険補償特約は、補償が重複する場合がありますが、除外してご契約いただくことはできません。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!