自動車保険を安くする2つのコツ

運転者限定条件を活用しよう

自動車保険に加入する際にはその自動車保険をどの範囲にまで適用させるかを決めます。
当然その範囲が狭ければ狭いほど保険料も安くなります。
自分しか運転しない場合や夫婦でしか運転しない場合にはそれぞれ本人限定や夫婦限定条件をつけることで保険料をグッとお安くすることができます。

車両保険を見直そう

自動車保険の保険料に関して最も高い保険料が設定されているのは車両保険が多いです。
車両保険を少しでも安くすることが全体の保険料を安くすることにもつながります。
長く乗っている自動車で、もうその車両の価値自体が無くなってきている場合などは思い切って車両保険を補償内容から外すといったことも考える必要があります。
また、やっぱり車両保険は付けておかないと不安だ…という人のために免責金額制度というものも存在します。
これは事故が発生し、自動車の修理をしなければいけなくなった時に一定額を自己負担をすることをあらかじめ決めておくものです。
この負担額を大きくすればするほど車両保険の保険料を引き下げることもできますので車両の年数等も考慮したうえで総合的に判断して決めるのがいいでしょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!