自動車保険の30代の相場はいくら?

30代・40代というのは最も事故の確率が小さい年代です。
理由としては

  • 色々な経験をして精神的に落ち着いてくる
  • 自己の怖さなども知っている。人間的にも丸くなる年代です。

  • 家族ができる
  • 守るべきものができて無茶な運転をしなくなる

などがあります。

絶対やってはいけない

絶対やってはいけないのは、ディーラーや車の販売店からから勧められるままに保険に加入することです。
いわゆる代理店型自動車保険ですので間違いなく割高ですし、あなたには必要のない特約がたくさんついてしまっている可能性もあります。

ディーラーや車の販売店は保険会社と提携していて、あなたが任意保険に加入することで、手数料を得ているのです。ですのであんなに積極的に保険を進めてくるのですね。

まずは最低限必要な条件を決めて、入る特約を決めてから、一括見積もりサイトで複数見積もりを取り、自分に合った任意保険を選ぶようにしましょう。

30代の見積もり結果


【見積もり試算条件】
車種:トヨタ・アクア
使用目的;日常・レジャー
年間走行距離:4000km以上~5000km未満
運転免許証:ブルー
年齢制限;30歳以上補償
運転者制限;本人限定
対人:無制限
対物:2000万円
搭乗者: 1000万円
人身傷害:3000万円

保険会社 車両保険あり 車両保険なし
イーデザイン損保 90,350円 42,780円
チューリッヒ 61,870円 26,530円
アクサダイレクト 64,500円 42,120円
おとなの自動車保険 91,090円 91,090円
ソニー損保 119,640円 52,410円

保険料は保険会社で大きく異なる

保険料はどこも大差はない…ということはなくて、保険会社によって大幅に違ってきます。
任意保険は保険会社の商品ですので会社ごとにサービス内容や料金が違っていますので当然保険料も違ってきます。

また、保険会社によって得意分野が違うことも理由の1つです。
自分のところで売りたい保険のお客さまであれば保険料を割り引いてでも加入してほしいと考えているのです。

保険料が決まる要因

  • 車種・型式
  • 自動車の「車種」、「型式」です。自動車の車種は、普通乗用車や軽四輪乗用車といった自動車の種類のことです。

    型式というのは、メーカーが付ける識別番号です。
    型式はその自動車の年式、グレード、駆動輪数(2WDか4WDか)、排気量などがわかります。

  • 等級
  • 「等級」は、保険の利用状況に応じて決まっています。保険を使わなければ上がり、保険を使うと下がります。
    等級が高いほど保険料は安くなります。

    保険を1年間使わなければ等級は1つ上がります。逆に、事故を起こして保険を利用する、等級は3つ下がります。
    最初はみんな6等級からスタートします。最高で22等級まで上がり、最低で1等級まで下がります。

    保険を利用しすぎて、1等級まで下がってしまうと保険会社から更新お断りの通知が来て、契約できなくなってしまいます。
    他の保険会社を利用しようとしても保険会社の情報はつながっていますので1年間はどこも契約できないでしょう。
    またこの等級も保険会社間で共有されるため、会社を変えてもこの等級は引き継がれます。

  • 免許の色
  • 「免許の色」も重要です。免許の色は無事故期間によってグリーン、ブルー、ゴールドの3種類に分けられています。
    免許の色で、運転者が事故を起こすリスクを判別することになります。
    ゴールド免許の人と、グリーン免許の人では保険料が大きく違ってきます。

  • 使用目的・走行距離・使用地域
  • 「使用目的」は一般的に、業務使用、通勤・通学、日常・レジャー利用の3様態に分けられます。(業務使用と日常・レジャー利用の2様態に分ける会社もあり)

    その自動車を年間通して月15日以上の利用があれば、業務使用もしくは通勤・通学利用に、なければ日常・レジャー利用にということになります。

    また、長い距離を走ればその分事故のリスクも高まることから、自動車の「走行距離」も保険料に反映されます。
    「使用地域」も保険料に考慮される場合もあります。実際に事故が多発している地域に住んでいると保険料が上がることもあります。

  • 主に運転する人
  • 10代や、20代前半までのように運転者が若いと、運転が未熟で事故のリスクが高いとみなされ、保険料が割高になります。
    主に運転する保険対象者が、一定年齢以上であれば、保険料は安くなります。

    また、その自動車に乗ることができる人を限定すればするほど保険料は安くなります。契約者本人とその家族のみ、本人とその配偶者のみ、もしくは本人のみという3通りがあります。

保険料が決まる要因は以上のようにたくさんありますが、ほとんどの条件はすでに決まっているので、自分で変更するところはほとんどないので心配はいりません。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!