自動車保険の中断とは?

自動車保険の中断

自動車保険には中断という制度があります。
契約を解除してしまえば保険料を支払わずに済みますが、次回また自動車保険を新しく契約する際には割引の少ない6等級からスタートしてしまいますのでまた割引の少ない6等級からやり直すのはたいへんです。

車の廃車・譲渡や海外渡航などにより、長い間車に乗らないことで自動車保険契約を解約するのであれば、中断証明書を発行することによって等級を最大10年間保存することができます(*1)。
ただし、中断証明書を発行するためには一定の条件や手順があります。

中断証明書を発行するための条件

車を所有したまま解約する場合などは中断証明書を発行することはできません。以下の条件を満たす必要があります。

車の状況
自動車保険契約の保険開始日から満期日・解約日までの間、契約の車(被保険自動車)に下記のいずれかの事実が発生している必要があります。

  1. 廃車、他人への譲渡、返還
  2. 車検証の有効期限が切れ、継続して車検を受けていない
  3. 一時的に自動車の使用を中止する一時抹消(道路運送車両法第16条に基づく任意の抹消登録)がされている
  4. 複数台の車を所有している場合、ある契約車両の廃車・譲渡・返還に伴い、契約車両を他の契約車両と入れ替えている
  5. 契約車両が災害により滅失した

※例外としては海外に渡航している場合は上記を満たす必要がありません。

中断証明書発行手続きに必要な書類

中断する理由 自家用普通乗用車
自家用小型乗用車
自家用小型貨物車
自家用軽四輪乗用車
自家用軽四輪貨物車
廃車 ・解除事由証明書
・登録事項等証明書
・登録事項等通知書
・自動車重量税還付申請書付表1
・一時抹消登録証明書
・登録識別情報等通知書
・輸出抹消仮登録証明書
・輸出予定届出証明書
・解除事由証明書
・検査記録事項等証明書
・自動車重量税還付申請書付表1
・自動車検査証返納証明書
・軽自動車検査証返納確認書
・輸出予定届出証明書
譲渡 ・登録事項等証明書
・登録事項等通知書
・自動車税・自動車取得税申告書
・検査記録時項等証明書
・軽自動車税申告書
返還 ・リース契約書
・登録事項等証明書
・リース契約書
・検査記録事項等証明書
一時抹消 ・登録事項等証明書
・登録識別情報等通知書
・検査記録事項等証明書
・軽自動車届出済証返納証明書
・軽自動車届出済返納確認

中断後の新契約の条件

新たに中断後の新契約の保険始期日が中断日(旧契約の解約日または満期日)から10年以内であり、新たな自動車の取得日から1年以内であること。なお、車検切れや一時抹消後に再登録した車両も新規取得車両とみなします。さらに新契約は次の条件を満たす必要があります。

(1) 新契約の記名被保険者が次のいずれかであること。

1. 旧契約の記名被保険者
2. 1.の配偶者
3. 1.または2.の同居の親族

(2) 新契約の被保険自動車の所有者が次のいずれかであること。

1. 旧契約の被保険自動車の所有者
2. 旧契約の記名被保険者
3. 2.の配偶者
4. 2.または3.の同居の親族

自動車保険の中断

自動車保険の等級は中断手続きをしておけば10年間維持出来ます。
せっかくあげた等級ですから残しておきましょう。
申請は無料でできますので、無駄な保険料の出費を節約できます。
自動車に乗らなくなった時は必ず申請しておきましょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!