必要な特約といらない特約とは?

以前は特約が多かった代理店損保系の自動車保険も最近では数が減少しています。
過去に保険金の不払い問題があったときに、内容の難しすぎる特約が多く、代理店や保険会社自体もきっちりと把握してなかったということがあります。

まず最低限付けておいた方が良い特約は、対人、対物で自分が相手への補償を充実させたタイプにしましょう。

  • 対人対物は無制限
  • 人身3,000万円
  • 対物超過修理費用特約

これくらいは付けておいてからその他の特約をさらに追加するか考えるといいです。
ここからは費用と補償内容のバランスになってきますので、自分のライフプランに合った特約はつけるようにして、あまり必要でない特約は見送るようにしましょう。

特約 内容
運転者本人限定特約 被保険自動車を運転する人を記名被保険者に限定することで保険料が割引かれる特約。運転者限定特約の中でももっとも保険料が安くなる
車両新価保険特約 新たに購入して保険契約を結んだ車が事故を起こし大きな損害を被った場合に、新車に買い換えた場合にかかる新車購入費用を全額補償
車載身の回り品補償特約 車両保険でカバーできない車載品の補償をします
車両全損時費用特約 車両保険の支払い対象の事故で、車が事故で全損になるなど車両保険で設定した金額を上回る損害を被った場合の臨時費用の補償
ファミリーバイク特約 保険契約者とその家族が所有する原動機付自転車(125cc以下)を運転中に発生した事故による傷害や死亡を補償
代車費用特約 車を修理している間に整備工場やレンタカー会社から車を借りることになる場合の費用を補償
他車運転特約 友人や他の親族などの車を運転して事故を起こしてしまった場合に、自分の契約している自動車保険で補償
弁護士費用特約 弁護士に相談や示談を依頼する場合の費用を負担
事故付随費用特約 自動車事故を起こしてしまったときの臨時の宿泊費用や帰宅のための費用、また車の移送や修理後の完成した車を納車したりする時に発生する費用を補償
対物全損時修理差額費用特約 対物事故における相手の車の修理費が時価額を上回り、その差額を被保険者が負担した場合に、その差額分に過失割合を乗じた額について補償
地震・噴火・津波車両全損時一時金特約 地震、噴火、津波といった大規模な自然災害により車に損害を受けた場合でも補償
個人賠償責任特約 車を運転していない時に他人の物品を壊してしまったり、自転車で衝突し歩行者に怪我を負わせてしまったりと日常生活に起因する損害を補償
免責ゼロ特約 事故一回目に限り、車両保険の免責金額が0円になります
車両危険限定特約 車両危険限定補償特約(全損 のみ補償型)衝突・接触・墜落・転覆・物の飛来、物の落下・火災・爆発・盗難・台風・こう 水・高潮その他偶然な事故によって車が全損となった場合に、保険金が支払われる特約
子供特約 子供特約(子供運転危険追加担保特約)とは、記名被保険者(またはその配偶者)に子供がいる場合に、運転者年齢条件特約とは別に、その子供だけに適用される年齢条件を別途に設定できる特約

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!