弁護士費用特約はつけるべきか?

自動車保険に加入していれば、基本的には事故の際には保険会社の担当者が相手方と示談交渉に応じてくれます。
ですが、全ての事故で示談交渉してくれるというわけではないのです。
「信号待ちで停車中に追突された」「駐車中に追突された」などといったいわゆるもらい事故では、追突された側には一切の非はなく、相手方の過失が100%となります。
この時、追突された被害者であっても自分の保険を使って示談交渉することができないのです。
自動車保険は基本的に事故相手への賠償に対して備えるためのものなので、相手への賠償が発生しない10対0の事故では、使えないのです。

この場合は自分で交渉するしかないのですが、加害者側が誠意ある対応を見せ、納得いく賠償金額を支払ってくれれば問題はないのですが、中には悪質でのらりくらりと逃げ回ったり、非を認めないなどの困ったケースもあります。

このような時に泣き寝入りをしないためにも弁護士費用特約を付けておきましょう。
実は「もらい事故」で、被害者が困った状況に陥らないように登場したのが「弁護士費用特約」なのです。
弁護士費用特約というのは一般的な内容は、弁護士、司法書士、行政書士への報酬や訴訟(仲裁・和解)に要する費用300万円を限度に支払う、といったものです。

また保険会社によっては交通事故だけではなく、日常生活の被害事故も補償してくれる会社もありますので確認してみましょう。

歩行中の事故にも対応でき、しかも本人だけでなく家族も補償対象になるなど、加入しておくメリットも大きいものもあります。
弁護士に依頼するだけでそんなに効果があるの?という疑問をお持ちの方も居るかもしれません。
実際弁護士が出てこないで自分で交渉していると「裁判していただいても結構です。
判断は変わりません」などといって強気にブラフをかけてくる保険会社の担当者も中には居ますので余裕があれば付けておくようにしましょう。

また、弁護士費用特約を付けていなくても、交通事故を専門に取り扱う弁護士さんも居ます。
なかには相談無料、報酬は賠償金の増額分からのみ(成功報酬のみ)といった良心的な人もいますので「もらい事故」「歩行中の事故」など、交通事故で被害に遭ったなら、まずは一度弁護士さんに相談してみましょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!