対物超過特約とは?

自動車保険は、対人、対物などの相手への補償と、人身傷害といった自身や同乗者の怪我の補償、被保険自動車への補償で車両保険の3つの保障から成り立っています。
対人、対物に関しては無制限で保険加入をされている方が多いと思います。

これは自分が加害者になり被害者への物損に関して賠償する金額が無制限という意味合いです。

しかし、この対物保険の対物無制限というのは、金額の上限がないということなのですが時価額を上回る金額は保険金がおりないという特徴があり、事故当事者同士でトラブルになるケースもあります。

全損事故

全損事故というのは聞いたことがあると思いますが、これがじか額を上回る修理費が発生しているケースのことです。
例えば、査定価値が50万円の車に追突してしまい、被害車両の修理代が100万円かかるような場合、自身の対物保険で下りる保険金は50万円までなんです。差額の50万円の保険金は下りませんし、被害者側はやられ損になってしまいます。修理代が車そのものの価値より高くなってしまうと、修理代は賠償してもらえないのです。これをを対物全損といい、さまざまな事故がある中で、最も揉めるケースとなります。

この状態になりますと、解決に至るまでの時間がかかり、いくら保険会社に示談交渉を頼んでいるとはいえ当事者間における精神的負担は非常に大きなものとなります。

対物超過特約

こういったケースに備えるために、自動車保険のオプションとして、対物超過特約というものがあります。この補償は、被害者側が修理をすることが前提で、「対物賠償事故で、相手方の修理費がその時価を超過し、その超過分をお客様が負担されることになった場合、修理費と時価の差額に被保険者の過失割合を乗じた額(50万円限度)をお支払いします。」のようになっています。
年額にしてもかなり割安な特約ですので、新規加入あるいは継続時には必ず付けておくことをお勧めします。

対物超過特約はいらない?

対物超過特約をいらないと思っている人も少しは居るようです。
その人たちの意見としては、「修理費が時価額を超えるときは、だいたい乗り換えるよね?」とか「払えません。と頑として断る」というものです。
しかしこのご時勢、時価額を超えたからといって簡単に乗り換えしない人のほうが多いです。
しかも事故を起こした相手がまともに話の通じない相手ということも考えられます。相手が悪ければ、恫喝されたり、脅迫を受けたりするケースも出てくるわけです。こういう輩に対処するのはかなりの精神的苦痛を伴います。
また、もし自分の知り合いの車にぶつけてしまったときに「時価額を超えた修理費は支払う義務などありませんから」などと言っていられるでしょうか?
むりですよね。
悪いことは言いませんから対物超過特約はセットしておくのが得策です。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!