対物全損時修理差額費用特約を付けておけば古い車の修理費用も安心

例えばあなたが10年前の車と事故を起こし一方的に悪いと仮定しますと、修理代を100%支払わなければなりません。
修理代が50万掛かるとしますと、古い車はたいてい新車価格の1割程度で全損という扱いになります。
200万の車だとせっかく自動車保険に入っていても20万円しか支払われないことになります。
相手がどうしても修理してほしいと言ってきたとしても保険では20万までしか保障されません。
残りをあなたが負担するか相手が折れるかしないと裁判にも発展することも珍しくはありません。
そんなときのために対物全損時修理差額費用特約を付けておけば万が一そのような事故に遭遇してしまった場合でも、全て保険で対応できます。
また、自分が被害者で相手が一方的に悪い場合でも相手が任意保険に加入していなくて自分の車の時価が修理代に満たない場合でもその分も保険でカバーできますので安心です。
また、対物全損時修理差額費用特約のいいところはそれを付けたとしてもさほど保険料自体がアップしないところですので余裕がある方はぜひ付けておきましょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!