家族の間で自動車保険を譲渡・名義変更するには?

家族間での等級の引き継ぎは可能か

等級の引き継ぎを行いたい場合は、以下3つの条件のいずれかの条件にあてはまれば引継ぎ可能です。
①記名被保険者の配偶者
②記名被保険者の同居の親族
③配偶者の同居の親族
③が少し紛らわしいと思った方は、ご主人が単身赴任のため奥さんや子供と離れて暮らしている家族を思い浮かべてください。単身赴任で別居中のご主人が子供に等級を引き継ぎたいと思ったら、その子供は配偶者である奥さんの同居の親族という扱いになるわけですから、引継ぎ可能です。子供が大学進学や独立のため家を離れ、ご主人とも奥さんとも離れて暮らしていれば別居になるので、引継ぎは出来ません。記名被保険者の子供であれば無条件に等級を引き継げるわけではなく、同居か別居かが引継ぎの可否を決める重要なポイントになっています。

親=車に乗らない 子供に車も保険も譲るケース

親と子が同居している前提で考えると、等級の引継ぎは可能です。
子供が親の自動車も保険も全て譲り受ける場合、保険の契約者、記名被保険者、車両所有者名は全て子供の名前になります。子供が保険料を支払うのであれば、併せて引き落とし口座の名義や口座内容も変更する必要があります。

保険会社もしくは代理店に連絡して、変更手続きの書類を作成してもらいます。
保険会社によっては、電話のみ、あるいはインターネットの手続きだけで完了するので、サインをする必要すらないこともあります。この変更をすることによって、保険料が変更になる可能性があります。その理由は、記名被保険者の年齢や免許証の色が、保険料を決める一因になっていることです。

運転技術の未熟な若年層は、運転に慣れた中高年とは違い事故を起こすリスクが高いので、保険料が高くなります。また、ゴールド免許保有者に比べて、ブルー免許やグリーン免許保有者の方が事故を起こすリスクが高いので、やはり保険料が高くなります。

等級が引き継げるので保険料が高くならないだろうと思っていた方、残念ながら親から子へ被保険者を変更すると被保険者年齢が下がるので、保険料は上がる傾向にありますから注意して下さい。

親=車に乗らない 子供に保険だけ譲るケース

上記のケースで、所有者だけ変わらないパターンです。子供が保険を譲り受けるわけですから、保険の契約者、記名被保険者が子供の名前になります。等級継承も可能ですし、保険料の増減も同じです。ただ、事故が起きた際の保険金は車両所有者に支払われることになりますので、この場合だと事故が起きたら親が保険金を受け取ります。同居している親子であれば、所有者だけ親の名前であってもそう困ることはありません。

しかし、後々親子が別居してしまうと、自動車を買い替えて車両入替をする場合に面倒なことになります。車両入替をするには、3つの条件が必要です。
①車の台数に増減があったこと
②車両入替をすることができる車種間の変更であること
③前の車両所有者と新しい所有者が同一、もしくは配偶者、同居の親族であること

車両入替ができなければ、新規で加入し直すことになるので、高い等級が持つ割引のメリットを生かすことが出来ませんので、気をつけなければいけません。

親=車に乗る  子供に保険だけ譲るケース

一家にもう1台車が増える場合、新しく増えた自動車に保険をかけようとしますよね。この時、親の自動車保険を子へ引き継がせ、親が新規で加入するという方法があります。そうすれ記名被保険者の年齢や免許証の色で保険料が高くなりがちな子供の保険料を、多少安く抑えることができます。
また、親の等級が11等級以上であれば、親が新規で加入する場合は複数所有新規の7等級で加入することができます。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!