任意保険と自賠責保険の違いは?

任意保険は入っておくべきか

車を運転するということは、つねに事故に巻き込まれる可能性があるということです。自分はどんなに安全運転をこころがけても、他人の事故の巻き添えになってしまえば他人事ではありません、車に乗る人にとって自動車保険は欠かせないものです。

自賠責保険は強制加入

車を持っている人は、最低でも自賠責保険(強制保険)には加入しています。
購入手続きや車検を通す過程で自賠責保険への加入手続きも含まれているからです。
自賠責保険への加入は法律で義務付けられています。

それに対して、任意保険は自らの意志で加入する自動車保険です。テレビCMや雑誌広告などでいう自動車保険は、任意保険のことを指します。

自賠責保険で補償される内容

自賠責保険から支払われる保険金は、1事故1名につき
○死亡事故→3,000万円
○重度の後遺障害→75~4,000万円
○傷害の場合→120万円

このようになっています。

自賠責保険だけで大丈夫なのか?

自賠責保険だけでも上記の補償はありますが、果たしてそれで十分といえるのでしょうか?
答えは、自賠責保険だけでは不十分なんです!
なぜなら、自賠責保険は「最低限の保険」なので、事故の被害者側の補償しかありません。
自分自身のケガや車の修理には何も支払われませんし、搭乗者が死亡・負傷した場合についても補償はないのです。
ですので、自賠責とは別に任意保険に入ることは当然のことなのです。

任意保険に未加入で事故を起こしてしまうとどうなるか

もし、任意保険に未加入で事故を起こしてしまったら、全て自分でまかなうことになります。(自賠責の補償以外)
対物や車両保険などもありませんのでたいへんです。
死亡事故や重度の後遺障害が残るような事故だと総損害額が3億円を超える判例も珍しくはありません。
そうなったら支払いに窮するのは明らかですし、こちら側だけではなく、相手側が任意保険に未加入の場合でも相手からの支払いがきちんとされないことが想定されます。
こちらが車両保険等に入っていればその分を補償されますので万が一のことを考えて検討してみてもいいと思います。
 

人をはねてしまったら

もし任意保険未加入で、人をはねてしまって被害者が死んでしまったり重い後遺障害が残ったりすると、莫大な損害賠償を請求されることは上述しました。

交通事故の損害賠償には、事故がなければ、残りの人生で得られたと考えられる収入も含まれます。 これを「逸失利益」といいます。当然、事故時に高収入であった人であるほど逸失利益は高額になります。
また、年齢が上の人よりも、若い人のほうが、これから先の生涯で働いて得られるはずの収入も多いですから、逸失利益も大きくなります。
任意保険に未加入で人をひいてしまうといると、数億レベルのとても払いきれない賠償責任を請求されることもありえます。

まとめ

任意保険は、自賠責保険だけでは足りない損害賠償への補償(対人賠償・対物賠償)が充実しています。
保障額は無制限できるだけ無制限にしておきましょう。※特に対人
対人賠償・対物賠償以外の、その他の補償(車両保険など)については、各自が必要性に応じてつけるかどうかの判断をすればいいと思います。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!