他車運転特約で補償される場合と補償されない場合

tanin

他車運転特約で対象となる「他車」とはどのような車のことか

「他車」とは記名被保険者(主に使用される方)、その配偶者、記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族が所有、および主として使用する自動車以外の自動車です。
また自家用8車種以外の自動車は「他車」には含まれず、補償されませんのでご注意ください。

他車運転危険補償特約とは

契約車両を主に使用される方(記名被保険者)およびその家族(*1)が、友人・知人など他人から、一時的に借りた自動車を運転中に交通事故を起こして賠償責任が生じた場合、借りた車を契約車両とみなし、他人の自動車保険より優先して自身の自動車保険から保険金が支払われる特約です。

(*1)家族とは、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚の子をいいます。

おとなの自動車保険の場合は、走行中の事故であるときに限り補償の対象となります。(駐車、停車中は対象外です。「停車」には、信号待ちや踏切での列車待ちは含みません。)

個人が契約する自動車保険にはほとんど「他車運転危険補償特約」が付帯されています。
他人の車を運転する機会というのは意外とあるものですので保障内容や使える状況がどんなケースなのかをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

支払われる保険金

ここではソニー損保を例にとって見ていきたいと思います。
【相手方への補償】
・対人賠償保険
借りた車の事故により、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手方の治療費や慰謝料などが、自身の自動車保険の保険金額(契約時に設定した金額)を上限に補償されます。

・対物賠償保険
借りた車の事故により、他人の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自身の自動車保険の保険金額(契約時に設定した金額)を上限に補償されます。たとえばソニー損保の場合だと、対物超過修理費用が対物賠償保険に自動付帯されていますので、相手の車を事故で破損させてしまい、修理費が時価額を超えてしまった場合も補償されます。

【自分や同乗者の補償】
・無保険車傷害危険補償特約
借りた車に乗車中の方が死亡されたり後遺障害を負ってしまったときに、もし事故の相手方が任意保険に入っていないなどで、相手方から十分な補償がされない場合に保険金が支払われます。ただし、人身傷害保険「車内+車外補償型」を付帯されている場合は、無保険車傷害危険補償特約ではなく、人身傷害保険から保険金が支払われます。

【借りた車の補償】
借りた車に直接生じた損害については、契約車両に車両保険が付帯されている場合で、かつ契約車両の契約条件等に従って車両保険金をお支払いできる事故の場合に、借りた車の時価額または対物賠償保険の保険金額を上限に補償されます。ただし、借りた車に直接生じた損害に限ってお支払いするため、借りた車の修理期間中に発生する代車費用等は補償の対象になりません。

他車運転危険補償特約が使える条件

他車運転危険補償特約は他人の車を借りていたときの事故すべてが補償対象になるわけではありません。ソニー損保の場合の適用条件は以下のとおりです。

契約車両を主に使用される方(記名被保険者)が個人の契約で、かつ、以下の①~④のいずれかの方が臨時に借りた車に運転者として運転席に乗車中の事故であること
① 契約車両を主に使用される方(記名被保険者)
② 契約車両を主に使用される方(記名被保険者)の配偶者
③ ①または②の同居の親族
④ ①または②の別居の未婚の子

契約車両および臨時に借りた車の用途車種が以下のいずれか(自家用8車種)に該当すること(*2)
画像:緑ナンバーの営業車両や2トン超のトラック、建設車両・ 自家用普通乗用車
・ 自家用小型乗用車
・ 自家用軽四輪乗用車
・ 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・ 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・ 自家用小型貨物車
・ 自家用軽四輪貨物車
・ 特種用途自動車(キャンピング車)

(*2)緑ナンバーの営業車両や2トン超のトラック、建設車両などは自家用8車種に含まれません。

「臨時に借りた」車であること
他車運転危険補償特約は、他の自動車を「臨時に」借りて使用するときのリスクに備えるもので、臨時に友人の車を借りて運転しているときの事故や、修理工場から修理期間に限って代車を借りて運転しているときの事故などが一般的に補償の対象となります。

ただし、例えば、借りた車を特に期限を定めずに自由に使用できる状態で借りている場合などは、「臨時に借りた」とはいえず、補償の対象になりません。また、契約車両を主に使用される方(記名被保険者)、その配偶者、または記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族が所有したり、常に使用したりする自動車は「臨時に借りた」とはいえず、補償の対象になりません。
その他、借りた車の所有者等の許しを得ずに運転していた場合や、会社や事業用の車を業務上の理由で運転していた場合等は、他車運転危険補償特約の補償の対象になりません。

以上のように「臨時」の定義がややこしい面があります。一時的に借りたものであれば問題ないようです。勝手に借りたり、仕事上で利用して運転していた場合は保証の対象外なので注意が必要ですね。

他車運転危険補償特約で保険を使った場合、次年度のノンフリート等級は下がる?

これはもうお察しのとおり、他人の車の事故であっても自分の自動車保険を使うことになりますので、自分の車での事故の場合と考え方は同じです。

「対人賠償保険」「対物賠償保険」のいずれかから保険金を支払いした場合については「3等級ダウン事故」となり、次年度の契約のノンフリート等級は事故1件につき3等級下がります。また、事故あり係数適用期間は事故1件につき3年加算されます。

無保険車傷害危険補償特約や人身傷害保険については、それらの保険のみから保険金をお支払いした場合は、事故原因にかかわらず「ノーカウント事故」となり、事故がなかったときと同様に次年度の契約の等級が1つ上がります。

まとめ

自動車保険全般に言えることですが、その中でも他社運転危険補償特約の内容はは知っておくとよいでしょう。
車の貸し借りで、友人や知人とトラブルになるようなこともありますので、できるだけそれを防ぐためにも、レンタカーや今はやりのカーシェアリングなどを利用してなるべく自動車の貸し借りは控えましょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!