人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険の特徴・メリット

人身傷害補償保険の特徴・メリットをまとめると、下記のようなものになります。

●示談の成立前でも保険金を受け取れる

通常、相手のある事故の場合は、示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできませんが、人身傷害補償保険に加入しておけば示談の成立に関係なく保険金を受け取ることができます。

●実際にかかった損害額を補償してもらえる。
人身傷害補償保険は、自分自身の過失分(たとえ自分100:相手0であったとしても)を含めて、実際にかかった治療費用や休業補償、慰謝料などを、全額補償してもらえます。

●歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償。
契約者本人とその家族は、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故もカバーされているので補償されます。

●単独事故も補償
不注意でガードレールにぶつかったなど、自分に全ての過失や責任等がある、相手のいない単独事故の損害も補償されます。

人身傷害補償保険と搭乗者障害保険の違い

人身傷害補償保険と搭乗者障害保険の違いとはなんでしょうか。

まず、搭乗者傷害保険で補償される範囲は、契約している車に乗っている搭乗者全員です。

そして保険金の支払いは、契約した保険金額を限度に、一定額の保険金が支払われる「定額払い」です。

次に人身傷害補償保険の補償範囲は広く、契約している車に乗っている搭乗者全員の他に、記名被保険者とその家族は、契約車両以外に乗っていた場合の事故や、歩行中などの自動車事故等も補償される。

そして保険金の支払いは、契約した保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる、「実損払い」となっています。

人身傷害補償保険デメリット

補償範囲の広さから完全な補償といってもいい人身傷害補償保険ですが、最大にして最高の欠点はやはり補償範囲が全てをカバーしているだけに保険料が割高になることです。事故に巻き込まれた際の出費をどうしても0にしたければ入っても良いですが、そうでないならば無理に全てをカバーすることは費用対効果を考えればそこまでしないで良いと考える人のほうが多いようです。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!