三井ダイレクトの補償内容と口コミ

三井ダイレクト損害保険は、個人向け自動車保険を中心とする通販専門の損害保険会社です。
インターネットと電話でのみ契約することができます。
MS&ADインシュアランスグループホールディングスのグループ会社。
オリコンの”顧客満足度ランキング2015年”では、総合評価で4位を獲得しています。

対人・対物賠償事故示談などの交渉を利用者に代わっておこなってくれるのも安心です。

三井ダイレクトには、契約者が利用できる優待サービス「クルマ生活応援サービス」があります。
他に契約者向けの優待サービス(クラブオフ)がある保険会社は、ソニー損保くらいですので非常に珍しいです。

2年目からはVIP会員、3年目からはVIPプラスメニューの追加があり、リゾート、レジャー、ライフサポート等の色々なシチュエーションで利用できます。せっかくの権利ですからこうした優待サービスは積極的に利用したいですね。

三井ダイレクト損保のCM

主な補償内容

ケガの補償 ・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・搭傷顔面部等倍額特約
・搭傷死亡等対象外特約
相手への補償 ・対人賠償保険
・対物賠償保険
・対物超過修理費用特約
・搭乗者傷害Wケア
車の補償 ・車両保険
・車対車免責ゼロ特約
・身の回り品補償特約
・事故付随費用補償特約
自動車付帯の補償 ・弁護士費用補償特約
・ファミリー傷害特約
・無保険車傷害特約
・他車運転特約
・自損事故傷害特約
・レンタカー費用特約
・指定修理工場入庫特約
・他車運転特約

サービス内容・特約・サポート体制

損害拠点数 ・事故対応サービスセンター 14拠点
・提携修理工場 約1,900ヶ所
・ロードサービス拠点 全国約3,300ヶ所
レッカーサービス 45km(指定修理工場に入庫の場合は無制限)
修理急行サービス 「キー閉じ込み、バッテリー上がり※、パンク、落輪引き上げ、ガス欠」。上記以外は現場対応可能な30分程度の作業が無料対象。
※バッテリー上がりは90日制限あり
自宅急行サービス 無料(30分程度で対応可能な応急作業)
事故時宿泊・運搬サービス 自宅から50km以上での事故の場合のみ対応。
帰宅費用:1名2万円、宿泊費用:1名1万円が上限。
ガス欠補給サービス ・新規契約の場合ガソリン代は有料
・継続契約(契約2年目以降)の場合はガソリン10Lまで無料提供(自宅から50㎞以上の遠方でのトラブルの場合。90日制限あり)
主な特約 弁護士費用特約/他車運転特約(対人賠償に自動付帯)/ファミリー傷害特約/
事故付随費用補償特約/身の回り品補償特約/無保険車傷害特約(自動付帯)/
対歩行者傷害補償特約/対物超過修理費用特約/臨時運転者特約/原付特約/
指定修理工場入庫臨時費用特約(車両保険に自動付帯)/レンタカー費用特約
事故受付・担当 24時間365日 1事故1担当者制
初期対応 19時まで
その他のサービス 相談・情報提供サービス、クルマ生活応援サービス、車両運搬サービス

三井ダイレクトは24時間365日の事故受付、1事故ごとの専任スタッフ、充実の全国ネットワークのロードサービスで安心感を持てる自動車保険です。

インターネット通販専門の自動車保険ですので、人件費や印刷コストなどの経費を徹底して削減することで、保険料を安くすることに成功しています。

主な割引

インターネット割引 最大10000円割引
新車割引 初度登録から25ヶ月以内
証券ペーパーレス割引 500円
早期契約割引 45日前・500円
その他の割引制度 使用目的/運転者限定/年齢条件/新車割引/新規複数割引/
ご紹介割引/ECO割引/セカンドカー割引/ 
車両保険セット割引/長期優良契約割引/前年度無事故割引

三井ダイレクト・自動車保険の口コミ

事故対応、こっちが被害者なのに、全部相手の
言いなりになってムカつきました。やはり安いだけで保険を選んじゃいけないなっていい教訓になりました。
ダイレクト販売の自動車保険をいろいろ比較しましたが、三井ダイレクト損保はロードサービス、保険料ともに可もなく不可も無かったです。自動車保険全体にいえますが、もうちょっと保険毎の特徴がはっきりしていると選ぶときに迷わないのですがね。
保険料とサービスのバランスが取れている保険会社と言ってもいいと思う。ダイレクト型だから、土日祝日の事故後の対応を懸念していました。以前週明けにならないと担当者も決まらなかったので。三井ダイレクトは土曜日曜も迅速に対応してくれて内容も良かったと思います。
走る距離が増え、保険を見直し、大手の保険会社の中で安かった。ロードサービスの内容が充実しているところが魅力でした
父親の会社で加入している保険のため保険料が安くなると言われたから。免許を取って初めての自動車保険だったため、他の会社との料金の違いや保険についてよく分からなかったので父親に言われるがまま加入しました。
最初に免許を取得して車を買った販売会社の提携関係にあったことから、自然に加入になりました。でも今から考えると一括見積りして安いところを探した方が良かったかもしれません。
問い合わせの際、対応がていねいで、国内大手らしかったので決めました。保険料も納得できる金額の範囲内です。この先も事故を起こしてお世話にならない方がいいなと思います。

まとめ

保険料と事故対応のバランスを考える人にぴったりの自動車保険と思います。
外資系の保険はイマイチ信用が置けないと考える人にはやはり国内大手の「三井」の看板は大きいのではないでしょうか。
割引もかなりの種類がありますので必要な補償はつけて、可能な割引は受けるようにしましょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!