リスク細分型自動車保険のメリットとデメリット

リスク細分型自動車保険とは

最近の自動車保険の多くは、「リスク細分型」というしくみを採用しています。
リスクに比例して保険料を定めているのが「リスク細分型」自動車保険です。補償内容は同じでも、保険会社が「加入者のリスク要因をどう分析するか」によって、保険料が異なってきます。

ここでいうリスクとは「事故に遭う確率と予想される損害の大小」です。

ドライバーのプロフィールや過去の事故データ、所有する車の種類などを、リスク(危険度)に応じて区分し、リスクの大きい加入者には負担料を大きくしてもらって、リスクの少ない加入者の負担料は減らそうということです。
要は適正な保険料にしようとしているわけです。

料率の算出に利用されるリスク要因

  • 年齢
  • 性別
  • 運転歴
  • 営業用、自家用その他自動車の使用目的
  • 年間走行距離その他自動車の使用状況
  • 地域
  • 自動車の種別
  • 自動車の安全装置の有無
  • 自動車の所有台数

という9つのリスク要因で保険料に差をつけてもよいことになっています。
(保険業法施行規則(平成8年2月29日大蔵省令第5号))
また、

  • 免許証の色
  • ノンフリート等級
  • 被保険車両の年式

も評価項目です。
例えば「年齢」。若い人ほど運転が荒っぽく、事故にあいやすいというデータがありますので、保険料は割高です。
ゴールド免許の方には割引がありますし、等級が高ければ割引が大きくなります。
「地域」も同様に、事故が起きやすい地域に住んでいる人には保険料を割高に、事故発生件数が少ない地域では保険料を割安に設定していることがあります。

このようにリスク細分型自動車保険では、ドライバー一人ひとりの事故リスクに応じて保険料を、保険会社が設定できるようになっているのです。

「リスク細分型」のメリット・デメリット

メリット
・リスクが少ない人は、保険料が安くなる

デメリット

  • リスクが高い人は、保険料が高くなる
  • 安い自動車保険会社では、一回事故を起こすと次回以降の契約が出来ないこともある
  • 走行距離が長いと保険料負担が大きくなる

リスク細分型の導入で、危険度の低いドライバーの保険料は安くなり、保険料を抑えることができるようになりました。
メリットが大きいリスク細分型自動車保険ですが、その反面、保険会社がリスクが高いと判断してしまう区分に属するドライバーからすると従来よりも保険料が割り増しになり、負担も増えました。

私たちにできることは保険化乳児には複数の見積もりを取って、現在の自分にどの自動車保険があっていて得なのかをしっかり比較して選ぶことが大切です。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!