ソニー損保の補償内容と口コミ

ソニー損保は、1999年に設立された(株)ソニーフィナンシャルホールディング傘下の保険会社です。
「保険料は走る分だけ」のキャッチフレーズでおなじみのソニー損保の自動車保険の一番の特徴は、年間走行距離による保険料の割引きです。
事故や故障の際のロードサービスも無料でついてきます。

もちろん契約時の申告よりも走行距離が増えてしまっても「こえても安心サービス」があり、損することなく補償が受けられますので安心です。
逆に、走らなかった分の保険金を翌年に繰り越せる、「くりこし割引」も使えますので走行距離が契約時の申告よりも少なくても損をしない仕組みになっています。

オリコンの自動車保険満足度ランキング2015では総合満足度第1位&事故対応満足度第1位を獲得しています。

主な補償内容

ケガの補償 ・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
相手への補償 ・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険
・対物超過修理費用補償特約
車の補償 ・車両保険
・車両新価保険特約
・車載身の回り品補償特約
・車両全損時諸費用特約
・事故時レンタカー費用特約
自動車付帯の補償 ・自動車事故弁護士費用保険
・おりても特約

ソニー損保の特徴の1つでもある「おりても特約」を解説しているページです。

サービス内容・特約・サポート体制

損害拠点数 ・事故対応サービスセンター 25拠点
・提携修理工場 約420ヶ所
・ロードサービス拠点 全国約9,000ヶ所
レッカーサービス 50kmまで無料
修理急行サービス 無料 (30分程度で対応可能な応急修理)
自宅急行サービス
事故時宿泊・運搬サービス 無料
(宿泊・帰宅費用:車検証記載の定員数を限度とし搭乗者全員分全額補償)(お車の搬送:自宅まで無料搬送、距離無制限)
ガス欠補給サービス 無料
(ガソリン代は初年度有料、2年目以降10Lまで無料補給)
(保険期間中1回に限る)
主な特約 他車運転危険補償特約(自動付帯)/事故時レンタカー費用特約/おりても特約/
対物超過修理費用特約(対物賠償に自動付帯)/車内身の回り品特約/
新車買替特約/ファミリーバイク特約/自動車事故弁護士費用特約
事故受付・担当 24時間365日 1事故1担当者制
初期対応 365日、平日・土・日・休日にかかわらず0:00~20:00
その他のサービス 修理後搬送サポート、ご契約者優待サービス、トラブルナビ・バッテリー上がり
・パンク(スペアタイヤ交換)・インドアロック

ロードサービスは無料で付帯されています。4大トラブル「バッテリー上がり」「キー閉じ込み」「パンク」「ガス欠(保険期間中1回)」になっても安心です。ロードサービスのみの利用では、ノンフリート等級には影響しません。

主な割引

インターネット割引 8000円割引(継続は2000円割引)
新車割引 初度登録から25ヶ月以内
証券ペーパレス割引 500円
早期契約割引 -
その他の割引制度 ゴールド免許割引/使用目的/運転者限定/年齢条件/ 
電気自動車割引/継続時複数契約割引/継続割引/マイページ新規申込割引/くりこし割引/セカンドカー割引/安全装置割引

ちなみにダイレクト自動車保険の中で一番割引の制度が多いのがソニー損保です。
早期契約割引と前年度無事故割引以外の割引はほぼすべてあります。

ソニー損保・自動車保険の口コミ

いくつかの保険に加入しましたがトータルで考えるとソニー損保が一番いいと思います。国内の大手損保はサポートだけで考えれば手厚いですが、保険料がどうしても割高になります。ダイレクト損保はやはり保険料は安いですが、事故対応やロードサービス含め、サポートやサービス
面まで含めてサービスが悪い、人が足りていないところが多いです。 ソニー損保は保険料も安い方ですし、サポートに関しても高い満足度を維持していると実感しています。
何かディーラーに任せていると自分でちゃんと把握していないみたいで、自分でインターネットで調べて決めました。SBI損保から切り替えたかった。SBIと比較しても保険料が安かったからです。
価格が安く、ネット上で申し込みが完了して便利。また、保険証券がないことなど、効率的だと思った。また、インターネット割引があり、ソニーというブランド力に惹かれたから。
保険料が高く、保険料を見直したいと思い調べたところテレビCMでソニー損保を知り、見積をしたところ半額以下になったため。
テレビでCMをよく目にしていて、保険料が安いというのが魅力で。お客様満足度も高い、ということだったので。知り合いに損害保険会社の人がいたので商品の内容を確認しやすかったというのもあります。
生命保険がソニー生命であり、実績や知名度・評判に信頼があったからと、仕事で車を使用しなくなり、距離が少なくなったので、「走る分だけ」に惹かれたため。
実際に事故を起こしてしまった時の、レッカーの手配などの対応は迅速で良かったのですが、その後のアフターフォローの連絡がまったく来ませんでした。電話で聞いたところ、担当者が違う営業所に異動になったとのこと!こちらには担当者が変わる等の何の連絡もありませんでした!安かったり、少しくらいサービスが良くても、怖くて任せられません。
以前、外資系の自動車保険に入っていたのですが、
事故に遭い、請求までの処理と事故経過の報告で担当者が違ってしまい何度も同じ話をさせられてものすごいストレスでした。痛い目に遭った経験から1事故1専任担当というソニー損保に加入しました。事故を起こして保険を使ったのですが、親身に対応してもらえました。もちろん何度も説明する必要も無かったので良かったです(笑)

まとめ

ソニー損保は乗った分だけの保険ですのであまり車に乗らない方にはぴったりです。
通勤や通学に使っていたり、毎日乗る人には不向きと言えます。

保険料のコストを抑えたい人や、外資系の保険会社はちょっと…という人にぴったりの自動車保険と言えます。

自動車保険を安くする方法

自動車保険、払い過ぎていませんか? ネットの一括見積もりサービスを利用すれば、あなたにとって一番安く、最適な自動車保険を簡単に見つけることができるんです!
私も一括見積もりをしたところ、98,700円⇒58,000円となり、同じ補償内容で40,700円も安くなりました! 平均でも3万円近く安くなるそうです。

あなたが現在加入している自動車保険も他社に乗り換えることでグッとお安くなるかもしれません! 5分以内で最大20社の見積もりが無料で取れます。また結果一覧はメールですぐに届きますのでお気軽にどうぞ!

無料一括見積もりおすすめランキング

保険の窓口「インズウェブ」

自動車保険を最大22社、最短5分で一括比較見直し! 自動車保険は各社で比較をしないと損をしてしまいます。 見直しで3万円以上安くなった人が30%以上!

ズバット自動車保険

全国に170店舗以上を展開する、複数の保険会社の商品を取り扱う来店型保険ショップ 専門家が保険の選び方、見直し方、役立て方を無料アドバイス!

保険スクエアbang!

今の自動車保険は、あなたに合っていますか?
見直すことで保険料がぐんと安くなることも。見積もりをとって比較しましょう!
テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が見積に多数参加!